<スポンサードリンク>

2019年11月21日

ソ・ドヨンの『春のワルツ』

ソ・ドヨンが俳優として一躍注目を集めることになった『春のワルツ』。『夏の香り』『秋の童話』『冬のソナタ』に続く四季連作シリーズの完結編での主役です。

『春のワルツ』の一場面をご紹介しましょう。

※画像の表示ができなくなりました、ごめんなさい


ソ・ドヨンの『春のワルツ』あらすじ


イ・スホの父親イ・ジョンテは賭博師で、暮らしに困り、生まれた島にスホをつれてやってきます。父親はすでに他界し、困った父は知人のウニョンの母親に、自分の息子スホを強引に預けます。こうしてスホとウニョンは本当の兄妹のように仲良く育てられます。

病弱なウニョンは手術をしなけなければ生き延びられません。その大切な手術代をスホの父親は盗んでしまうのです。そのとき、母親の代わりに費用を出そうという夫婦が現れ、代わりに亡くなった息子に瓜二つのスホを養子にくれ、といいます。スホはウニョンの命を救うために養子になって、オーストリアへと向かいます。

やがて、舞台は真冬のオーストリア。イ・スホはユン・ジェハ(ソ・ドヨン)としてピアニストとして成功しています。幼い頃のユン・ジェハの許婚者、ソン・イナとパク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)、ウニョンに恋心を抱くフィリップ・ローゼンタールの4人が、運命的な出会いを果たします。4人の心情が複雑に絡みあい、思うにまかせない恋模様の展開…

ソ・ドヨンの『春のワルツ』キャスト


  • ソ・ドヨン:ユン・ジェハ役=イ・スホ

  • ハン・ヒョジュ:パク・ウニョン役=ソ・ウニョン、

  • ダニエル・へニー:フィリップ・ローゼンタール役、ユン・ジェハの親友、パク・ウニョンに恋心を抱く

  • イ・ソヨン:ソン・イナ役、幼い頃のユン・ジェハの許婚者


  • posted by りんご at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ソ・ドヨン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。