<スポンサードリンク>

2019年11月21日

ソ・ドヨンのプロフィール

sodoyon.jpg

ソ・ドヨンは、ユン・ソクホ監督の『春のワルツ』で主人公に抜てきされ、一気にスターダムを駆け上がりました。ソ・ドヨンは<SFAAファッションショー>や<ソウルコレクション>にも出演したトップモデルとはいえ、ドラマ出演は2005年の『海神』の端役程度しか実績がなく、『春のワルツ』の主役はまさに大抜てきといえます。

ソ・ドヨンの魅力は、吸い込まれそうな瞳とモデル出身という抜群のスタイル。
ですが、大きな瞳に白い肌、ひょろりとした長身に柔らかい巻き毛という外見に惑わされてはいけません。ソ・ドヨンは軍隊時代(韓国は皆兵制)、教官の厳格でたくましい姿に憧れ、試験を受けて訓練所の教官になったという硬派な面を合わせ持ちます。



ソ・ドヨンのプロフィール


  • 名前:ソ・ドヨン(徐 道永、Seo Do-Young)

  • 生年月日:1981年4月14日

  • 身長:187cm、体重:70kg

  • 出身地:大邱(テグ)市

  • 血液型:A型

  • 趣味:音楽鑑賞、演劇・ミュージカル鑑賞、読書

  • 特技:スノーボード

  • デビュー:03年ファッションモデル

  • 家族構成:両親と弟


  • ソ・ドヨンの代表作


  • 『海神』(05/KBS)

  • li>『オー!サラ』(05/KBS)
  • 『春のワルツ』(06/KBS)


  • 『春のワルツ』でのソ・ドヨンの抜てき


    なぜ、ソ・ドヨンはチャンスをつかめたのでしょう? モデルとしての経歴はともかく、俳優としての経歴は実に貧弱なものでした。

    ユン・ソクホ監督の『春のワルツ』は、『夏の香り』『秋の童話』『冬のソナタ』に続く連作シリーズの完結編です。冬ソナはあまりにも有名。
    ユン・ソクホ監督はこの無名の俳優、ソ・ドヨンを『冬のソナタ』に続く『春のワルツ』の主役に選んだのでした。


    posted by りんご at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ソ・ドヨン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。